芸能人の熱愛や整形疑惑について詳しく調べてみました。気になる情報も画像アリで細かく!あの芸能人の噂は・・・

河北麻友子彼氏と熱愛で合鍵同棲?!恋愛禁止で仕事減?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサードリンク>
河北麻友子画像

河北麻友子が熱愛中で、さらに合鍵愛の半同棲中らしい。

河北麻友子って熱愛禁止では?

河北麻友子に彼氏がいるなんて不思議なことではないけれど、

河北麻友子の事務所ってオスカーだけど(笑)恋愛禁止じゃなかっただろうか?

さすが帰国子女(笑)

河北麻友子にとっては、オスカープロモーションっていう

所属事務所の『恋愛禁止』なんて意味不明~!って感じなんだろう。

空気読めない感じしますもん。

河北麻友子 画像

で、結局河北麻友子に熱愛報道が出たってこと。

一体真実はどうだろう?

今回、徹底的に調べてみましたので見てみましょう!

 河北麻友子の彼氏はイケメンの一般人男性!?

河北麻友子の彼氏はイケメンだという噂。

フライデーされた画像見ても、長身の男性なのだろうって感じ。

一部では、同業のモデルの男性では?との噂もあるが、

どうやら一般人らしい。

河北麻友子 画像

河北麻友子は仕事よりも恋愛を選んだ感じですけどね。

デートも大胆だったようですよ!

河北麻友子と男性は二人で焼き肉へ。

帰り道に食べ過ぎたことをからかうように、

へそ出しルックだった河北のおなかをつつくなどのスキンシップを見せていたとのこと。

河北麻友子画像

 

あ~もう完全にできてますねこれ。(苦笑)

さらには、河北麻友子の自宅マンションから二人で部屋着のまま外出。

近所のパスタ店で昼食を済ませた後、

コンビニエンスストアで食事を買って帰宅。

 

 

その後も、河北が主演の舞台に出かけると、

その後に同棲している男性が劇場へとお出かけ。観覧していたようです。

河北麻友子彼氏画像河北麻友子画像

さらにさらに!

二人は合鍵をも持っているようで、

もう完全に河北のマンションが愛の巣と化しているのだ。

河北麻友子画像

もうラブラブ状態で誰も止められない・・・という感じ(笑)

何度も写真を撮られても気にしない。

仕事上でも気にせず、薬指に指輪をはめているくらいですからね。

河北麻友子画像

周りも距離を置いてしまう気がする。

河北麻友子画像

こういうことをしながらも、知名度があるのも自由気ままにやっているのが、

世間にはヒットしたんでしょうね。

スポンサードリンク

仕事よりも恋愛と選んだ結果・・・。

河北さんの事務所オスカーは。

25歳までの恋愛を禁止しています。

河北麻友子画像

恋愛した年頃、一般の周りの友達も結婚などもしていく中、恋愛禁止。

周りにはイケメンも多い業界で、プロとしての意識がきっと左右されるのでしょう。

 

これは、オスカーの「清純派」を守るためのものであり、

スキャンダルが出てしまうと事務所もカバーしてくれなくなるようです。

以前、河北麻友子と同じ事務所に所属してる忽那汐里も、

スキャンダル発覚後に彼氏と別れさせられたのに、事務所の推しすらも弱まったことがあった。

河北麻友子画像

河北麻友子も熱愛発覚によって、事務所の推しがなくなっている気がする。

河北麻友子本人も過去のイベントで、

「好きな人はいます。でも、25歳までは恋愛禁止なので・・・。」と事務所の方針はわかってはいるものの・・・、

その次の発言が(笑)

「恋の桜は9分咲きくらい。結構咲いちゃってますね(笑)」と余計な発言。

河北麻友子画像

それをわかった上での行動をしている河北麻友子は、

女優業なんてほとんど無いってこと。

バラエティ番組専門って感じだろう。

河北麻友子画像

細かいことを気にしない河北麻友子にとっては、幸か不幸かバラエティ班はあっているのだろう。

ネットでは、「出川哲郎が彼氏じゃない?」という声もあがるほどバラエティに向いているんでしょうね。

河北麻友子 画像

確かにお似合いカップルかも・・・(苦笑)

河北麻友子 画像

現在23歳、事務所の恋愛禁止25歳までたった2年だけならば、

河北麻友子は彼氏との熱愛を貫いていくだろう。

正直、女優業が似合うような気もしないし、河北麻友子自身もこっちの方があっていると思っているかもしれない。

河北麻友子画像

オスカーも、意外にこれで正解だったでしょうね(笑)

さすが、オスカープロモーション(笑)

今後も細かいことを気にしないライフスタイルで、伸び伸びいろんな話題なスクープを、

発信してほしい。

河北麻友子画像

こっちの方が好感度は高いだろう。

25歳を過ぎれば『結婚』も早いかもしれない・・・(笑)


<スポンサードリンク>


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。