芸能人の熱愛や整形疑惑について詳しく調べてみました。気になる情報も画像アリで細かく!あの芸能人の噂は・・・

堂本剛は彼女菊地亜希子と結婚間近で、支えられ闘病中?

スポンサードリンク

堂本剛さんがモデルの菊地亜希子と熱愛中・・・?

堂本剛菊地亜希子画像

菊地亜希子さんを知らない人は多くいると思います。

堂本さんは『パニック障害』で、回復してはいるものの、今も闘病中という。

 

そんな堂本さんを、支えているのは菊地亜希子さんなのでしょうか?

菊地亜希子画像

この菊地亜希子さんとはどのように出会い、

なぜ熱愛関係というウワサ話が出ているのか。

 

堂本さんも、もう・・・35歳。

結婚されてもいい年齢ですよね。

堂本剛画像

火のない所に煙は立たぬ・・・。

 

菊地亜希子さんは堂本剛さんの彼女である可能性は、

高いでしょう。

 

堂本さんと菊地さんの熱愛は、

数年前に出たものの、今だにスッキリと消えることがないのは、

今現在も熱愛中だからと言ってもいいのかもしれない。

菊地亜希子画像

スポンサードリンク

モデル菊地亜希子との熱愛は2011年から?

2011年からモデルの菊地亜希子さん(31)とウワサになっています。

 

雑誌のモデルとして共演したのがきっかけで、

現在はその雑誌は休刊になったということで、

そこから二人は熱愛関係になり、ジワジワと騒がれるようになったのではないでしょうか。

堂本剛菊地亜希子画像 堂本剛菊地亜希子画像

 

堂本さんの熱愛相手とされる菊地亜希子さんも独特の世界観の持ち主。

モデルとして活躍するほか、CMなどにも出ているよう。

菊地亜希子画像

堂本さんの好きなタイプにドンピシャなんですよね~。

 

菊地さん、芸術方面でも活躍され、自分が書いたイラストエッセイを発売するなど、

堂本さんも影響されているよう。

菊地亜希子画像

2011年、熱愛発覚直後には堂本さんが左手薬指に指輪をつけているのが話題に。

堂本剛画像

さらに周囲には、菊地さんの芸術面に惚れまくりの、ノロケまくりのベタ惚れ状態。

『感性が刺激しあえる』『初めて自然体で過ごせる相手に出会えた』と話すほど(笑)。

 

とにかく感覚が似ている2人らしい。

堂本剛菊地亜希子画像

堂本さん家族とももちろん交流済み(笑)。

堂本さんの地元、奈良県での目撃情報も多数あったり、

菊地さん自身一人ででも奈良を訪れていたり・・・。

 

奈良のお土産も、『奈良の友達の勧め』で買ったとか、

お店に行った際、そのお店を知ったきっかけを聞かれた時にも、

『学士時代を奈良で過ごした友人』なんて堂本さんがらみでは?と思える言動も。

菊地亜希子画像

鹿グッズを買う時は必ず、2つ買うなどしているのは、

地元「奈良」大好きな堂本さんへのお土産である・・・なんて完璧でしょう(笑)。

菊地亜希子画像

マイペースにお付き合いされているのかもれませんよね。

 

何かと共通点が多すぎる(笑)

 

どうも私には、堂本さんが菊地さんの影響を受けすぎているのでは?なんて思いますが!!

堂本剛画像

結婚後は奈良で子育て?!

堂本さんの地元、奈良での目撃情報が菊地さん一人でも多くあるのは、

やはり結婚後は奈良で子育てを希望している堂本さんの為でしょうか?

 

堂本さんのオカンの誕生日にも一緒に堂本さん家族と過ごしたりと、

順調でしょうね。

堂本剛画像

現在も、心が疲れているときは地元「奈良」へ、回復しに帰るそうです。

癒される場所地元「奈良」は菊地さん自身もお気に入りのよう。

 

2011年からなら、長い付き合いになるでしょうが、

個性的で『自分』というものを持った強そうな女性菊地さんは、

そこまで慌てることなく結婚もまだ先なイメージ。。。。

堂本さんもまだ闘病中ということで、

支えになっているのかもしれませんね。

菊地亜希子画像

いや、なっているだろう!

とにかく、マイペースで流されることなく2人のペースで進んでいるんでしょうね。

 

着々ともしかしたら進んでいて、電撃?!的なのがあったりして(笑)

 

結婚後は地元奈良で生活し、

子供が生まれれば、奈良で子育てしたい堂本さんに対し、

きっと菊地さん自身も納得しているんでしょう!

堂本剛画像

まぁ、マイペースに進んでいってほしいですね。

注目しながら、応援しましょう。

 

奈良で見かけることが多そうなので、またそんな情報見つけよう・・・(笑)

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて・・・

当サイトは芸能人の”整形” ”熱愛”を裏付けたり、 断定づけるものではなく、あくまで個人的な意見・推察に 過ぎませんので、ご了承下さい。