芸能人の熱愛や整形疑惑について詳しく調べてみました。気になる情報も画像アリで細かく!あの芸能人の噂は・・・

小川麻琴結婚秒読み同棲中!引退理由になったのか?

スポンサードリンク

小川麻琴に結婚!という報道が出た。

しかも、小川麻琴は現在同棲中であるという。まさに結婚秒読み!といってもいいだろう。

小川麻琴といえば元モーニング娘。で今年の3月いっぱいで芸能界を引退したのが記憶に新しい。

小川麻琴といえば、モーニング娘。に5期生として加入後、

2006年に引退し、同時にニュージーランドへ語学留学し、帰国後に芸能界に復帰していました。

小川麻琴 画像

そんな小川麻琴に、交際しすでに同棲中と言われている人が同業者というではないか。

モー娘OGが結婚していく中、次は小川麻琴なのだろうか。

小川麻琴の同棲中の彼氏についても同業者ということでいったい誰なのか。

芸能界を引退した理由は『結婚』が濃厚なのかもしれないが・・・、

小川麻琴の芸能生活も正直微妙だっただけに真相は曖昧な感じ(笑)

ロックバンド『wyse(ワイズ)』の牧田拓磨が相手だった!!

小川麻琴と牧田拓磨の出会いは今からずいぶん前にさかのぼります。

牧田琢磨画像

二人は知人を介して知り合い、その後、意気投合。

現在では交際5年以上とも言われており、結婚を視野にお付き合いしているらしい。

いやー5年も続いていれば結婚も視野に入れる・・・は自然な情報だ。

もうお互いに良い歳であるということも後押ししてそうです!

小川麻琴画像

小川麻琴だって27歳。

牧田拓磨は、その7コ上の34歳。(笑)適齢期真っ只中。

適齢期はどうでもいいんですけどね・・・・。と、話を戻そう。

小川麻琴と付き合い始めてからバンドメンバーにすぐに報告していたようで、

バンドメンバーはすでに付き合っていることを知っていたようです。

牧田琢磨画像小川麻琴画像

互いにコンサートを行き来していたようで、それぞれのごく一部ファンは知っていた様子。

どちらも、爆発的な人気があるわけではないので、順調に交際していけたんでしょうね。

牧田さんはかなり一途なようで、小川さん一筋というのは有名な話。

小川麻琴画像

どんだけ周りが一途じゃないんだって誤解されるような話で笑えるがね(笑)。

また、最近では牧田拓磨が様々な関係者に「結婚について」の相談をしていたようで、

結婚意識は高くなったのでしょね。

スポンサードリンク

引退は結婚のためなのでは?という噂・・・。

実は、小川麻琴と牧田拓磨の交際報道には、もう一つ驚きがあったんです。

それは、「すでに同棲中である」ということ。

小川麻琴画像小川麻琴画像

普通であれば、誰々が交際している!という情報で終わるのですが、

今回のケースでは、交際発覚と同時に同棲中であることも判明するという珍しいケースです。

また、小川麻琴の引退発表後のブログには、

「これまでの道を一度完結させて、これからは小川麻琴という一人の女性として、

ゼロから新たな道へのスタートを切りたいと考えています。」とあり、

結婚を意識しているんじゃないのか?とも読み取れる内容だ。

小川麻琴画像

普通であれば、そのような書き方は滅多にしませんからね(汗)

加えて、「芸能界を一旦離れ」とも書かれており、

一旦という言葉に「もう一度戻ってくる」という意味があることがわかります。

元モー娘。のメンバーが次々と結婚を発表していることも、

今回のことを後押ししているのではないでしょうか(笑)

小川麻琴画像

小川麻琴の関係者は、

「結婚と引退は全く関係ないし、挙式の予定はない」と話している。

とはいえ、はっきり言って他のモー娘OGメンバー辻希美や矢口真里や保田圭のように、

目立った露出もなく正直微妙な状態の芸能生活だったので、一部では『リストラ』説も浮上しているくらい。

小川麻琴画像

芸能人でありながら1年3ヶ月という語学留学までできたくらいですからね。

今後はその語学力を活かした仕事に就くのではという話もある。

小川麻琴画像

非常に賢い選択だと思うが。

大学でも講師をしているくらいですし、スマホアプリデューサーもしているみたいですし、

起業家として成功者(笑)ありえそう。

小川麻琴画像

勝手な解釈だが、ここまでしっかりして引退していくなんてやるなって感じ(笑)。

現在、都内にて牧田拓磨と同棲中。結婚秒読み。

結婚し「妻」となり、いずれは「母」となってそれこそ第二の人生は成功者となりそうな予感。

小川麻琴画像

そんな感じで、再度メディアに芸能界に復帰というのもありえそうだ(笑)。

今後、小川麻琴と牧田拓磨の関係はどうなっていくのでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。