芸能人の熱愛や整形疑惑について詳しく調べてみました。気になる情報も画像アリで細かく!あの芸能人の噂は・・・

小川菜摘の顔が変わった?整形は鼻だけなのか?

スポンサードリンク

小川菜摘の顔が変わった!と、いまだに言われ続けている。

まぁ、小川菜摘って見るたびに雰囲気違うなぁ~ってと、正直思ってた。

鼻がかなり違うし、全体に顔の何かが違う気がするのだ。

小川菜摘自身、昨年に整形疑惑を否定したが、

なぜいまだに、整形の噂が消えずにまだ騒がれているのだろう・・・。

小川菜摘の顔が、相変わらず雰囲気が見るたびに違うからだ。

なぜこんなに「小川菜摘の顔が変わった!」と騒がれるのか、

どこに違和感を感じるのだろう・・・。

鼻が小さくなっている気がするんですけど・・・

小川菜摘って54歳だが、昔に比べると凄く若返っている気がするのだ。

小川菜摘の若返りに、整形疑惑の秘密があるような気がする(笑)

我々が見慣れた小川菜摘って、

ふっくらしていて、鼻が団子っ鼻って感じの顔だろう。

しかし、近年の小川菜摘の顔は痩せたのだろうか、ほっそりしたね。

54歳だけど、たるむことなく綺麗に痩せている姿には、世の女性もうらやましい限りだろう。

しかし、妙にスッキリしてはいないだろうか・・・。

何かが変わっているように感じるが・・・。

鼻が凄く細くシュッとし、高さも出た。

aikoみたいに見える(笑)

小鼻・・・かなり小さくなっている様に見えて仕方がないのだ。

もちろんメイクの影響もあるとは思うけれど・・・。

昔に比べると、鼻筋がかなりくっきりし、鼻先が細くシュッとしたように見える。

横に広がり気味だった鼻が、明らかにコンパクトになっているのだ。

メイクだけとは言い難い鼻になっていると思うのだが。

鼻に広がり感が全然違う。

鼻を下から撮る写真が非常に多いの・・・。

整形したと言われる人の特徴って、その部分の画像が多いのだ(笑)

見るたび「アレッ・・・?」と思っていたものが「えええええ~!!」ってな感じになり、

驚きまくりですわ。

以前よりもたるみなどがなくなり、張りのある肌だが、

おそらくヒアルロン酸やボトックスを打っているように見えるのだ。

目の下のたるみがあったものが、一切なくなっている。

ボトックス注射を打っているようなお顔に見えて仕方がない。

頬の部分も全然違う・・・。頬に脂肪溶解注射も打っているように見える。

全くたるんでいない・・・たるんでない状況に若干不信感・・・。

痩せたのに全くたるんでいない感じから、

脂肪溶解注射で丸顔をシャープな小顔にしたのではないだろうか。

2.3回することで、半永久的に小顔キープでき、簡単に手軽にできるのだ!

スポンサードリンク

小川菜摘本人は、整形否定するも疑惑は消えない・・・

正直、最近は「小川菜摘」と言われないと、わからないくらい。

昔のような面影があまりない・・・。

ネット上での反響がとにかく凄く、

「小川菜摘・・・整形した?前の方がいい・・・」

「鼻の整形が露骨だな・・・誰かわからん・・・」

「顔の変化が凄い!鼻ヤバい!鼻だけじゃない!」などなど、

数えきれないくらい小川菜摘の鼻や顔に釘付けだったよう。

この時の顔は、いつも以上に誰だかわからなかった。

余計に『整形』を連想させたのだ。

小川菜摘本人は全面的に『整形』を否定。

あまりの吊り上がった目や鼻に、フェイスリフト施術をしたのかと思うほどだ。

 

 

この吊り上りは、浮腫んでいたためメイクさんにかなり引っ張り上げてもらったそう。

そうでしょうね・・・。

あまりに吊り上がりすぎているので、整形では無いと思う。

整形でこうなるのなら、完全にやりすぎレベルだ(笑)

しかし、この時以外の顔でも鼻はかなり変わっているし、

肌の張り感も以前と違うことから、整形したのでは?とずっと言われている。

未だに、「小川菜摘顔やっぱり違うよね。」と言われているのも、

そう思っている1人なので、よくわかる。

目も弄っちゃたんじゃない?なども言われているが、個人的には特に・・・って感じ。

鼻筋や、鼻先に関しては整形した気はするし、

目の下やほうれい線などのしわやたるみには、

ヒアルロン酸やボトックスを打っている感じもする。

フェイスラインも脂肪溶解注射を打った気もする。

自分自身の老いていく姿は、嫌だろうから、何らかのメンテナンスはしていくだろう。

メンテナンスを行うお金は持っているのだから、使い方的には間違っていないと思うしね。

54歳という年齢だが、綺麗な方だと思うし、これからも変化していくだろうね。

子供も自立し、ここ最近から自分磨きし、夫婦円満なのかも・・・(笑)

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。